2010.02.28 Sunday
もしカフェをやるとしたら
というのを考えたことがあって。
もし、自分がカフェをやるとしたらカチっとしたカフェをやりたい。
それこそフランスのカフェみたいにちゃんとしたぴしっと教育された給仕がいてさ。
常連さんに対応はしても常連だけに構うような対応は絶対にしない。
んで、アンティークに囲まれて。服装もきちっとした感じ。
京都にあるイノダコーヒーみたいな感じでは決してないの。
D&DEPARTMENTみたいなオシャレな開放的なカフェも違うし
下北沢にあるような今っぽいタイプのカフェとも違う。
ベアーボンドはちょっと憧れだけど、
一番はオーバカナルをちっちゃくしたようなカフェ。
福岡のオーバカナルがミニマムでめちゃくちゃ好みだったんですよね。
形だけのフレンチカフェとかバールもちょっと違うんです。
アンティークっぽさをだして、可愛く本格的にさ。
椅子はTHONET No.14とか…決め過ぎかも…だけどトーネットいいねー。
ぼくんちの実家で食卓の椅子がトーネットだったから思い入れあるんですよね。
夜はワインを出したい。しかもかなりリーズナブルに。
リーズナブルなワインで好きな銘柄があるからそれを出したい。
カフェレストランとまでは行かないけれど、
ちゃんとスイーツと美味しい料理、そして最高のエスプレッソ。

自転車の雰囲気もちょっと醸し出して、
でも自転車オタクが集う店には絶対にしたくない。
え?なんでって?だってぼくさ、ロードには乗ってるし、
ロードレースめっちゃ大好きだけど、ローディが集うてなんかいや。
あくまで東京っ子が東京の街を動くために使うツールがロードだっただけですし。
ツールドフランスもさ、大好きなんだけど、それとちょっと違うんですよね。
もっとこう、スポーツとかじゃなくって生活の一部と言うかなんというか。
難しいところですが。

オシャレカフェが大好きですし、
雑貨だって大好きなんですけど、
もし商売をするとしたらそういった好みじゃなくって
フレンチカフェ(レストランというほどきちんとした料理は出さないが上品な料理を出すみせ)。
ターゲットは20代後半〜30代の女性ってところ。舌が肥えているからなかなか難しいかもですが。
とかね、ちょっと思ったりして。

いや、ちっちゃいベアーポンドみたいなところで、夜は立ち呑みやさん、とかもアリなんですけどね。
まー、商売向きではないのでやりませんけどね。エスプレッソを家でやる人として
やっぱりどこかで夢では無いんですけど、想像しちゃうのは絶対あると思うんです。
カフェとか行っても、ぼくだったらこうするなーとか頭の隅で考えちゃうと思う。
ぼくだけかな?

ま、家でワインとか飲み始めるとだいたい考えちゃうんですよね。
こんなワインを店で出したいなーとか。笑

今日のおつまみ。
超簡単、トマト切ってモッツァレラ載せてオリーブオイル掛けただけっていう…

簡単おつまみ

これとあとは生ハム食べたのだった。
もちろんワインと一緒にね。
Cafe | 00:56 | comments(0)
2008.12.14 Sunday
コペンハーゲンのカフェ?
Twitterにも書いたけども、
自由が丘にちょっと楽しみなカフェが出来そうです。
いや?日本語おかしいな。
ちょっと良さそうなカフェが出来そうで、楽しみ。ですね。

cafe copenhagen

何が楽しみかっていうと、名前がカフェコペンハーゲン。
コペンハーゲン!っていうと!コーヒーキングダムですよ!
これでそこら辺と同じような適当なコーヒー出しやがったらぶっころ!ですよ。
いや、冗談じゃなくって。コペンハーゲンって言えば歴代のバリスタチャンピオン達がいる街。
その名を冠するんだからもちろん…ねぇ?恥じないお店だと良いんだけど。
エスプレッソも提供するのかな?エスプレッソマシンもあるのかなー?
あってもオートだったりしてね。そんなんだったらガッカリ。
そこまでちゃんと覗かなかったけども、気になるところ。

内装工事は終わってるっぽくて、椅子だとか内装の小物だとかを並べていました。
チラッとしか見てないけど、ちょっとよさげでしたよ。
もうすぐ開店なのかな?行ってみようと思う。

でね、言う前から分かっていると思うけど、自転車。
中にもオーナーのものと思われる?ビアンキのロードが置いてありました。
ビアンキってかなりオヤジっぽいけど、わりと嫌いじゃないんですよね。
ま、マルコ・パンターニが乗ってたっていうのがあるからなんですけど。

コーヒーと自転車、ぼくにとってはど真ん中ストレートでストライクですよ。
でもストライクな分、甘いと打ち返しちゃいますけどね。
ふざけんな、パコーン、ホームラン、じゃぁねーみたいな。
とにかく、北欧の風を感じられるか、開店したら行ってみようと思う。

ネットで調べてみたらスコーンとかサンドイッチとか手作りっぽいです。
(バイト情報で見つけた笑)ちなみに12月16日オープン予定だそうです。
Cafe | 23:50 | comments(2)
2008.04.26 Saturday
Sands cafe
自由が丘でお茶をしようということになったので、
ちょっと行ってみたかったSands cafeというカフェへ行ってみました。
他のところで見かけたり友人から話を聞いたりで(ぼくの周りは自由が丘に詳しい人が多い)行ってみたかったのです。

店内へ入ったのはもう既に夕方5時過ぎ、
ディナータイム近くで、いくつかの席が既に予約されていました。
休日は予約して入るのがスタンダードなのでしょうか?そこら辺はよくわかりませんが、
わりと食事も真面目に美味しそうなメニューが並んでいて(カフェ飯って感じじゃなくがっつり食べれそう)、
次はお茶ではなく食事で行きたいなぁと。

今回はラテとケーキのセットを。ラテはハート3連発でした。

食事カフェというと自由が丘ならSODA Cafeでしょうか?Table Modern Service?
またはちょっと歩いてD&DEPARTMENTか。
SODA Cafeはわりと好きですがTMSは全然好きじゃありません。Dはちょっと飽きたし。
なので、ちょっと使えるご飯系カフェが増えるとちょっと良いかもしれません。

そのうちディナーも食べてみたいなぁ。の前にランチで確認しときたいけど。
まぁここら辺でカフェ飯を食べるならDかバワリーがお決まりですが
たまにはこんなこじんまりとした店は良いかもです(バワリーも小さいけどね)。
ブログ検索するとフードも美味しいって情報が出てくるし期待できるかも。
インテリアが落ち着いていてわりと良い感じ。ぼくが行った時は音楽がちょっと合ってなくてアップテンポの曲が掛かってましたが
落ち着いた曲が掛かれば良い感じかもしれません。あ、別にアップテンポのも好きなんですけどねー。

場所は駅から徒歩5分、上島珈琲の目の前です。
写真?撮ってませんよ?写真が無いとこういったレビューは弱いですね。
Cafe | 23:10 | comments(2)
2008.01.28 Monday
andonandのドーナツ
エスプレッソ好きの前に甘い物好きなぼく。
甘いものが好きっつーか、ドーナツ好きです。
ただ「ドーナツプラント」のものもまぁ良いんですが、ぼくはミスドの軽い食感が好きなわけで
最近の味がハードな海外ドーナツには少しだけ「?」な気持ち。でも食べてみなけりゃ分からない!
つーわけで、土曜日にミスドが展開するちょっと高級なドーナツ屋さん「andonand(アンドナンド)」へ行ってきました。

店内は休日ということもあってめちゃくちゃ混んでる!
店員さんが「満席ですのでお名前を頂いて順番にご案内しています!」と叫んでいました。
本当に混雑していてかなりザワザワな店内。まぁクリスピークリームなんかより全然混んでいないんですが。
(その日は新宿の東急ハンズに寄ったついでに行って見てきたが1時間20分待ちだった…ありえない)
アンドナンドは持ち帰りならサクッと買えるみたいで、店内で待つとなっても10分ぐらい
待てば何とか座れるみたいでした。ぼくも名前を告げてなんとか席をゲット。

で、頼んだのがこれ。メニューは色々あるが、基本のもの?っぽいものをふたつ。
携帯のカメラしか持っていなかったので画像が不鮮明で汚いですが…スミマセン。

Donut メープルDonut ミックスベリー

メープル味とミックスベリー味の大きいタイプ。大きいタイプは中にソースが入っていてとてもリッチ。ぼくの感想としてはミックスベリーは上に乗ってるベリーもソースも美味しかったのですが、メープルは中のソースが余計に感じられて、小さいサイズの方がよかったかもなぁと思ってしまいました。どちらにしてもミスド風なふんわり感は残しつつ、リッチな…つまり味の濃いドーナツを演出してくれています。わりと美味しかったかな。

が、そこまでして行くべきか?となると、混雑してて座りにくいというのも考慮して
店内で食べるのは無し?かなと思ってしまいます。圧倒的に持ち帰りの方が良い。
というか、こんなに混雑しているとゆっくり席で満喫していると悪い気がして
さっさと食べて出て行かないとなんだか次の人が可哀相。そんな次の人をいちいち考えなくっても良いですし、
実際に次が居てもみんなゆっくりしてましたが、やっぱり逆の立場だと早く座りたい!と思ってしまうしね(て、神経質かな?)。
次に行くなら持ち帰りで買ってきちんと味わって食べたいです。

ドリンクはラテを頼んだのですが、ラマゾッコのFB70だか80だか赤いマシン。
正直に言えば、その作業の流れをなんとなく見ていましたが
マシンのパワーを引き出せていないのでは無いか?と言う印象。
いわゆるバールの完成されたラテではなく、いや完全にラテなんですが、ラテな雰囲気なドリンク。
そこちょっと残念でしたが、まぁがんばって本格的エスプレッソを作る姿勢というのは
それが商業ベースだったとしても嬉しいとは思います。もっともっと増えて!
こんなんユルさねぇ!ってほど厳密なエスプレッソ好きではありません。

ただミルクをスチームするのにいちいち計量カップでミルクの量を量っていたのが
笑ってしまいました。でも、慣れるまでそーゆーのは必要かもしれません。。
(店の方針なんだろうけどスマートじゃないよねえ)

次はクリスピークリームに挑戦したいです。朝のオープン時間に行けば比較的サクッと買えるらしいので
その時間を狙って、ね。新宿より有楽町イトシアの方が行きやすいかな?

ウェブサイト:andonand
Cafe | 23:37 | comments(2)
2007.12.03 Monday
下北沢とコーヒー
日曜日、ウディ・アレンの『タロットカード殺人事件(原題:Scoop)』を観てきた。
その後は写真撮りつつ買い物でぶらぶら。ブリタのカートリッジとか蜂蜜とか買った。
ついでに?下北沢の喫茶ミケネコ舎でコーヒー飲んできました(だいぶ遠いついでだネ)。

ここのコーヒーは丸山珈琲のを使ってるらしくフレンチプレス。山梨に行った時に丸山珈琲に寄りたかったんですが(豆だけは何度か頂いているのだけどお店に行った事が無い)予定が合わず取り消しになってしまったのでリベンジ!というわけで丸山に陶酔しているというミケネコ舎へ。調べたところ、ミケネコ舎の店主がもともと丸山珈琲で働いていたそうでそんな縁だそうです。フレンチプレスは個人的にはどうなのよ?と思ってたんですが、まぁたまにはありっちゃありかな、と再認識。ただ一時期ぼくも家でフレンチプレスで淹れていたんですが今は少しその手法に懐疑的。確かに美味しい豆尚且つ焙煎も良い豆を使えば美味しいのだろう。カッピングも似たような感じでやるわけだからまぁ豆本来の味を見るには良いのかもしれない。ただそれでも「ここで飲む」とお店を決めて普段はやっぱりペーパーが良いなぁと。やっぱりあの舌触りは毎日飲むには面白くない。ええ?ペーパーなんてダメダメ?せめてネルにしろ?そんな面倒な事を?これ以上ハマる物を増やせと?遠慮しますね。コーヒーは好きだけど、そのコーヒー道みたいなものを追求するつもりはそんなに在りません。



下北沢はわりと近いところ(自転車でいける距離、時間にして20〜30分ぐらい)に住んでいたのですが、まったく興味が沸かなかった。生まれてから大学までずーっと近かった癖にぜんぜんわからない(基本的な地理は分かっているが、お店とかどこに何があるかはよく分からない)。
なぜだろう?なぜそんなに行かなかったんだろう?遊べそうなのにね。
まあ遊ぶなら新宿の方が近かったからだろうね。
今更開拓しようとは思いませんが(遠いし)、それでもたまに来る事はあるみたい。
今年3度目です。

ミケネコ舎、下北に寄ったらどうぞ。
場所はここ(ぼくのGoogleMap)。
エスプレッソに使う豆を買って帰宅。
器も可愛くって(ぼくが行った時は縦ストライプのマグだった、売ってるみたいね)、
お店もミニマルでちょっと可愛いですよ。店内は夕方以降は暗めで本は読めなさそうでした。
(でも女の子がDSのドラクエやってたぞ笑)



DSで思い出したが、レイトン教授がものすごく面白そう。
だれか身近な人でやってる人いません?もし居たら感想教えて!
Cafe | 22:38 | comments(0)
2007.06.23 Saturday
カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュのアポロコーヒー
cafe vivement dimanche Apollo coffee

カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュでずーっと飲んでみたかったアポロコーヒーを念願のオーダー。あの器具がどんな風に動作するのか見させてもらおうかと思ったけれど、遠目でチェッキング…してたつもりがいつの間にかにテーブルに!いつのまに!!ものすごい音でも放つのかなぁ?なんて想像してたけど音も無く…むむむ。

で!感想は…
香りが独特。コーヒーともエスプレッソとも違う。味はまろやかだけどとても濃い。酸味が全く無くて、濃いとは言ってもエスプレッソとは違う味だ。こんなコーヒーは飲んだことが無いぞ?めちゃくちゃ濃いのにまろやか、もちろん使ってる豆は深煎りっぽいからもともと酸味なんて少ないんだろう。だけど、そんな豆でも全く無いってのは無くてどこかにそれを感じられるんだけど…不思議だなー。マスターが無理を言って譲ってもらったと言うそのアポロ・コーヒーマシン。ちょっと興味深々です。が、まぁ次はふつうのコーヒーを飲もうかな。



帰宅する前にdoisへ行って豆とちょっとしたものも買った。それとたぶんお店の人に何度か聞いたことがあるかもしれないけれど、doisにある100人分用のめちゃくちゃでかいビアレッティの話を聞いた。めちゃくちゃデカいモカエクスプレスが置いてあるの!大きさは掃除機ぐらいかな?オブジェと化してるみたいだけど(売り物かどうかは聞いて無いけど、たぶん売り物じゃないと思う)実際に使えるそうだ!100人分のエスプレッソって!!すごい面白い。これはドイツでマスターが見つけて無理を言って譲ってもらったそうだ。そんなものがいろいろ置いてあるみたい。ふふふ。

SCB Coffee Beans
read more...
Cafe | 19:46 | comments(0)
2007.05.30 Wednesday
アポロ・コーヒーマシン
先月に鎌倉のカフェ・ヴィヴモン・ディモンシュへ行ったときにスタッフの方に「これはなんですか?」と面白そうなコーヒー器具の話を聞いた。エスプレッソとは逆で、空気をできるだけ抜いてコーヒーを抽出するという。味はとてもマイルドだそう。とても飲んでみたい。その話をふっと思い出して、久しぶりにディモンシュのマスター堀内隆志さんのエッセイ『珈琲と雑貨と音楽と』を手に取って読んでみる。そしたらその話に上ったコーヒーマシンの事が書いてあった。あぁ、ぼくはそのマシンの事を知ってたんじゃないか!読むだけ読んでおいて忘れてるなんて!で、読んでるとその飲みたい気持ちがどんどん高まってきた。鎌倉へ行く用事が出来てしまった。気軽に行ける場所じゃないけど、ディモンシュは大好きなんだ。コーヒーが本当に美味しいからさ。そしてdoisで豆を買ってね。それだけに鎌倉へ行くってのも変な話だけど。あのコーヒーのおいしさと気取ってない店構え(お洒落だけど)、やっぱり好きだなあ。そしてブログを読むとブラジルのセラード地区の豆が入荷してるそうだ。あそこの地区はきちんと管理されているので期待が持てる。俄然行きたくなってきた(セラード地区の農園の豆は今、家にあるけどね)。



今日は帰りに美容院へ行って髪を切ってきた。平日に髪を切るっていいよね。
だってシャンプーされるとさ、頭から疲れがぽわ〜んって抜けていく感じ。
気持ちいいんだよね。自分でやると別に気持ちよくないのに(さっぱりするけど)、
他人にやってもらうシャンプーっていいなよあ。
って前にも書いたけど。
Cafe | 23:54 | comments(0)
2007.03.03 Saturday
HORIGUCHI COFFEE
夕方にBRUTUSのコーヒー特集に載ってた堀口珈琲の世田谷店に行ってコーヒーを飲んできました。
アンド、豆も単一のを2種類購入。
このお店、名前は聞いたことがあったけど言うほどじゃないだろってスルーしてたんだけど
雑誌で見てじゃぁ行ってみるかと。ミーハーってよりはやっと重い腰を上げたという感じ。
お店の前にBRUTUSが張ってありました。ふふふ。
↓写真で分かるかな?ラージサイズで観れば一目瞭然!

Horiguchi coffee

店の感じはカフェより喫茶店らいく。でも珈琲屋さんが一番あってるかな。千歳船橋にあるんだけど、電車から降りたら既に珈琲の匂いがする。え?もしかして?そう、このお店の香りが漂ってきてたみたい!スゲー。ちょっと待ってから入店。お客さんが多いけど、さくっと入れた。ブレンドの珈琲、さわやかブレンドってのを頼んでみた。一杯の珈琲に当然だけど気を使っている。周りのお客を見るとケーキセットで頼んでるみたい。甘い物好きなぼくもそうしてみるが、コーヒーと脂肪分を含む甘いものを一緒に摂ると舌が麻痺してコーヒーの味が死ぬ。だからと言ってケーキがマズイわけじゃないよ?おいしく頂きました。が、やっぱりコーヒーだけにしとくべきだった。水で中和させて珈琲をどうにか楽しむ。お客への接客サービスも悪くない。コーヒーのドリップを遠目で見ていたらKONO式、いやハリオの円錐のものを4,5個並べて淹れてる。ただ店頭にはKONO式を強くプッシュして販売してるみたい。もしかしたらハリオのも販売してたのかも。長時間居座っていたぼくの隣に居たお客には丁寧に店を出てもらうようにお願いしてた。忙しく、雑誌の影響もあってのことだろう。あくまで丁寧にお願いという姿勢で特に嫌味は感じなかった。

販売している豆の酒類はストレートで4,5種類。ブレンドでも同じ量。決して多くないが
ルワンダの豆なんかがあって独自性がある。話を聞くと仕入れも独自でそこら辺はBRUTUS参照のこと。

さわやかブレンドの味は、ぼくにはさわやか過ぎたかな。もうちょっとコクがあるブレンドにしても良かったかもしれない。

購入した豆はルワンダのものとウォッシュト部門でNo.1に輝いたと言うエストレーラ暁星爐諒を購入。たぶんブラジルだよね?
冷凍庫に入れる前に豆をチェック。綺麗で美しい豆。見た目は素晴らしい。

ぼくは珈琲を飲むときに片手間に飲むことが出来なくって、
好きだから集中して味を確認しているようだ。だからサクッと飲んでサクッと出る、みたいなスタンス。
どうしても珈琲がおいしい店で長居をすることが出来ない。
長居をするならスターバックスで良いじゃんと思う。

カフェ・ヴィヴモンディモンシュで飲んだ珈琲は「何だ?この美味い珈琲は?」と思ったけど
最近はおいしい珈琲が飲めているので今回は感動というほどではなかった。
が、きっちり気を使ったレベルの高い珈琲だったのは間違いない。

、とかメモしながら飲んでました。
珈琲店メモは欠かさないのだ。オタク気質だな。



夕食のデザートに、珈琲と桜餅。桜餅は自由が丘の蜂の家で買ったもの。
和菓子と珈琲って実はスゴイ合う。洋菓子以上に合うんだよね。
たぶん、和菓子の実力がスゴイんだと思う。脂っこく無いからお茶の味を殺さず甘さで引き立たせてくれる。
茶菓子と珈琲、是非試したい組み合わせ。日本のお菓子のレベルは高いと思う。
洋菓子と食べたらおいしい珈琲が台無しだ。
でも、洋菓子メインの時は珈琲を口休めとして食べると良いんだけどね。
珈琲を楽しみたいか、お菓子を楽しみたいか、目的で変えたほうが良いね。

Sakura-mochi & coffee



で、購入した豆を早速飲んでみる。

「なんだこれ!!!!?」

冗談じゃなくそう叫んでしまった珈琲。
美味しいだとか不味いだとかよりね、今までに出会ったことのない味!
いや、すっごく美味しいんだけど…なんだこれっ?!すっごいまろやか!!
いや、冗談じゃなくってこの味はビックリするね。

カップオブプログレッシブセラードのウォッシュト部門でNo.1になったというエストレーラ供
初めに豆を見てビックリ小さいの。写真じゃいまいち分からないけど実際に見ると普通の豆が倍に感じる。

The Estrela (WASHED No.1) & The Republic of Rwanda Coffee beans
左が問題のエストレーラ暁星爐離ΕッシュトNo.1の豆。綺麗でふっくらしてるね。
ドリップ中のふくらみや泡立ちもキメ細やかでまろやかを体現している。素晴らしい。
右はルワンダの豆。
このままポリポリ食べても美味しい。

いやー、珈琲でこんなにビックリしたのって初めてかも。
スペシャルティコーヒー、伊達にスペシャルを名乗ってませんね。
お店で飲んだブレンドものには特になんとも思わなかったんだけど
このスペシャルティコーヒーは素晴らしい。ルワンダは明日の朝に飲んでみよう。



ちなみにウェブサイトのコーヒー関連の情報がとても面白い。パパの活動日記とかいうやつ。ネーミングがちょっと公私混同気味かな、とは思うけど内容はそんなこと無い。
Cafe | 21:50 | comments(0)
2006.12.03 Sunday
cafe vivement dimanche
今日は鎌倉へ。
お目当てはカフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ。だけど、まぁそれだけじゃ勿体無いので写真も撮ることに。冬の海ってのが撮りたかったんだよね。だけどもうちょっと寒くなってから&早朝じゃないと、思った雰囲気じゃないかも。でもでもすっごい晴れてて気持がいい写真日和だったには違いないよね。ほんと、心から気持がいいって思ったよー。



午前中に家を出たけれど着いたのは12時ちょい過ぎくらい。
お昼を抜いて海へ写真を撮りに。撮り始めたらめちゃくちゃ楽しくなっちゃって気がついたらフィルム7本ぐらい消費してた。あー、もったいないけど、気がつかないでそれだけ撮ってるってのも良い傾向かな。海行って何撮るの?って思うかもしれないけど、意外と撮るもんってあるよね。波しぶきだったり足跡だったり魚の死骸、打ち上げられた海草だとか、サーフィンしてる人だとか親子だとか風景だったりいろいろ。出来上がりが楽しみ。

3時過ぎにお目当てのディモンシュへ。ここもそうだけど鎌倉自体に来るのは2、3年ぶりかな?友人と3人でプチ遠足した以来。あの時は北鎌倉で降りて神社仏閣類を回って最終的に由比ヶ浜に行った。その時はディモンシュ&doisに迷って迷ってたどり着いた覚えがあるんだけど、今回は覚えてたのか、全然迷わず一発で着いちゃいました。もちろん地図を確認して行ったってのもあるけどさ。つーか、あんな単純な道筋を迷ったのが不思議。住所も地図も知らなくって鎌倉駅周辺にあるらしいって情報だけだったからかな?



で、コーヒー。迷った挙句Vera Cruz(ヴェラ・クルーズ)ってブラジルベースのブレンドを頼むことにした。出てきたコーヒー、すごくコーヒー自体に気を使ってるなと思わせる味。癖が無くてでもしっかりしてて(なんか変な言い回し?)とても美味しい。そこら辺のカフェで出すような微妙な豆を使ってコーヒーとは違う。って思うのも、先入観があるからかもしれないけどね。食事をしてからコーヒーを出されるまで本を読んでいたんだけど、読まずにコーヒーに集中しちゃった。

カフェとしてはすごく良い雰囲気だね。小町通りもすっごく混んでてお店もちょっと並んだり混んでてそれは嫌なんだけどさ、お店の中の雰囲気はとてもいいよね。

帰りにdoisに寄って、ディモンシュでカッフェ(通常のコーヒー)として出してるコロンビアベースのブレンド豆を購入。
飲んだやつにすればよかったなとちょっと後悔したけど…ま、いっか。
パッケージがすごく可愛いでしょ?これ、グルーヴィジョンズがデザインしてるんだって。



いま、家のある豆は3種類になっちゃいました。
コナがあとたぶん2杯でで無くなって、ブレンドが3、4杯分くらい。
で、新しいのが200g。買いすぎ?
Cafe | 20:06 | comments(0)
2006.07.12 Wednesday
今日もスタバへ行くわけです
コーヒーがめちゃくちゃ好きです。
ミルで自分で挽いて淹れるぐらい好きです。
と書いてもどれくらい好きかわかってくれないと思う。
何はともあれコーヒーが無くっちゃ始まらない。
コーヒー珈琲…ラブ珈琲。
マイフェイバリットドリンクイズコーヒー。
アイラブユー!アイミスユー!!アイニージュー!!!
この好き具合を説明するにはなんて書けばいいのか!
いや、無理だね。文章で説明するなんて!

だけどね、別に飲んで無くても平気。
ジャンキーってわけじゃない。

それを証明するならば、ここ2ヶ月うちに豆が無い!
これってすごく問題だ!
いや、正確に言うとお気に入りの豆が2ヶ月も無い。
家で消費する量がめちゃくちゃ減ってるので古い豆がいつまでもある状態。

2ヶ月も!家に好きな豆が無いなんて!ありえない!!豆の品質的にもありえないし!
じゃぁどこでコーヒーを飲むんだよ!ってなるんだけど
コーヒーって言うよりはエスプレッソドリンクとしてカプチーノはスタバでよく飲む。
気温が暑くっても温かいカプチーノ。これは外せない。

冷房がめちゃくちゃ効いた部屋で冷たいドリンク、例えばスタバならフラペチーノとかさそーゆーのを飲むとお腹を壊しちゃう。もともと大腸だかがあまり丈夫じゃないんですよね。そこはスポーツで鍛えられるとかそんな問題じゃない。生まれつき。だから店内で飲むなら暖かいドリンク。外で飲むなら冷たいドリンク。まぁ日中は店内でも冷たいのを飲むことが多いけど…。

だけど、この湿気の高い日本の夏に温かい飲み物、いや温かいというより熱い飲み物を飲むというのは実は理に適ってる。知ってます?そんな日に熱い飲み物を飲むと実は発汗が抑えられるって。もちろん熱いものを飲んで汗をかくんだけどさ、結果的に抑えられるそう。

昔から暑い日こそ熱いものを摂れみたいなことが言われてたけど理由があってこそ。


というわけで今日もスタバへ行くわけです(無駄な出費への言い訳)。
ほら、ニコール・キッドマンも毎日スタバに行ってるしね。
ハリウッドスターが毎日スタバってのもどうかなって思うけど気取ってなくていいね。
(他に行くところが無いという噂)

けど、右を向けばスタバ、左を向けばスタバ、
そんなスタバの店舗が出来すぎ加減にはウンザリ。
うん、出来過ぎ加減にはウンザリ。
そうそう、出来杉君が真面目すぎるのにウンザリ。
ジャイアンが映画のときだけイイ奴なのにウンザリ(映画を見た後にいつもの放送観ると台無し)。

あ、いや、関係なかった。
スタバの店員さんの対応は大好きなんですけどね、店舗の出来杉具合はウンザリします。
あれ?出来杉?出来過ぎ?あれ?あれ?
Cafe | 21:37 | comments(0)