2010.04.08 Thursday
サクリファイス
小説『サクリファイス』を読んだ。
評価が高いということで読んでみたんだけど…え?これが?どこが評価高いの?
まぁ読みやすいは読みやすいんだけど…薄っぺらい、
ロードレースについても(それはしょうがないんだけど)説明的で
だからといって深く掘り下げているわけでもない。
別に状況的にロードレースでなくても問題がなさそう。
日本人でわざわざそんなことをするやつがいるのか?
どこかで知ったような話をとって付けている気がするんですよね。
ロードレース界で聞いたことのある話をネタにしているだけっていうか。

ロードレース好きの悪いところって、日本ではロードが生半可にマイナーなので
それが取り上げられると舞い上がっちゃうところだと思う。

本当にこの小説が素晴らしいのか?
純粋に小説としてみて面白いか?
自転車という文化の中で語られるから面白いと感じるのでは?
ぼくにはちょっと薄っぺら過ぎたなぁ。
え?
じゃぁ厚い小説ってどんなの?
っていわれてもわからないけど。

2度は読もうと思わない小説でした。
とはいいつつ2作目も文庫本が出たら読むつもり。
Book | 01:05 | comments(0)
Recommend
2011.06.14 Wired 日本語版
Comments
Send a new comment
Comment