2012.02.13 Monday
うちのデスクトップ音楽環境
結構満足している、うちの音楽設備。
デスクトップ環境で、Macが母体。そこからなるべく良い音で聞きたい。
となると…iTunesは外して他のアプリケーションとなりそうですが、
まぁアップル好きなのでそこは外しません。
機器的なもののご紹介です。

◆ヘッドフォン / audio-tecknica ATH-AD1000

すごくいい。特に中音〜高音にかけてものすごくいい。
弦楽器の音とか、女性ボーカールとかすごくいい。
ちょっと感動したもん。低音も出ていないわけじゃなくってなかなか。
でも低音ドコドコヘッドフォンとは違いますよ!
ものすごく普通で、ものすごくレベルの高いヘッドフォン。
やすいヘッドフォンを使っているなら、その違いにびっくりすると思う。
おと1つ1つが綺麗に聞こえるようになります!


◆スピーカー / harman kardon Soundsticks II

(これはIIIです。スタンド部分が黒になってる!)

これはもうデザインだけで決めた。NYCのMoMAにも展示されているやつです。
Appleのデザイナーであるジョナサン・アイブの仕事のひとつでもあります。
Macで使うならこれがベスト?でも、音の方は…まぁ…もっといいやつあるよね。
ヘッドフォンとは音質で雲泥の差だけど、デザイン的にかわいいやつ。
けど、決して悪いわけではありません。ヘッドフォンが良すぎるだけです。
ぼくが使っているのはIIだけど、IIIになって音はより改善されたのかな?


◆ヘッドフォンとスピーカーを繋ぐアンプ / FOSTEX HP-A3

もっと安いヘッドフォンアンプはいくつか試したけど、これに落ち着いた。
こいつの良いところはUSB繋ぐだけで動くところ。電源はUSBから供給。
USB DACっていって、デジテルアナログコンバータですね。
デジタル信号をアナログ信号に変換するヤツです。
Mac内でやるよりやっぱり全然音が違います。そりゃぁ専門に作られたものですからね!
もちろん、DACなら電源はACで取った方が良いとかいろいろあると思いますが、
デスクトップ環境でACを増やしたくない場合はかなり魅力的ですよね!

FOSTEXのは変な味付けをしない、マニアからするとつまらないらしいですが、
今まで使ってきたものよりもかなり高レベルで音を再現してくれるとは思います。
ATH-AD1000みたいなヘッドフォンとは相性がいいです。
もっともっと良いものはありそうですが、自分はこれでかなり満足しています。


◆Macとアンプを繋ぐUSBケーブル / オヤイデのd+USB Class S

FOSTEX HP-A3を買った時にネットで注文してしまいました。
導体にPCOCCを使っています。オーディオではよく聞きますよね。
まぁUSBで音が変わるのか?単なるデジタルデータじゃないかとの声もありますが
まぁそこら辺は伝送工学、勉強すればわかるんじゃないかな。
自分は電気電子工学科出身だけど…もう忘れました!!忘却の彼方です!
なのでオカルトです!気分です!いや、実際に良くなったよ?

ただし、コードがめちゃめちゃ硬くて曲がらないです。。^^;



こんな感じ。ヘッドフォンアンプには光でさらにPS3を繋いで、ゲームや映画の時に活用しています♪
プアオーディオ | 00:05 | comments(0)
Recommend
2017.01.30 FOSTEXのFS-4AS
2013.10.01 SONY UDA-1
Comments
Send a new comment
Comment