2013.06.26 Wednesday
タイラー・ハミルトンのシークレット・レース
ぼくがツール・ド・フランスを知ったのは1997年のちょうどツールが終わった頃。自分は夏までに高校のテニス部を引退して、大学受験に向けて勉強も本格化しなくてはならなかったのですが、打ち込んでいたものを辞めたという寂しさから新しいスポーツを探していたんです。そんな時に、息抜きに寄った本屋でツールのまとめムックを見つけてなんとなく買ってみました。そのムック本の編集が読ませる作りで、各レースについて詳細のレポートが記載されていてね、気がついたら齧り付くように読んでいました。

その年に彗星の如く現れたヤン・ウルリッヒ。同じチームだったリーダーのリースを差し置いての総合優勝、すげードラマチック!そして次の年のマルコ・パンターニ、この二人にはまいっちゃいました。そこから欠かさずツールは追いかけるようになりました。復活してから絶対王者に君臨していたランス・アームストロングを今年はウルリッヒが破るだろう!と、毎年わくわくして観戦するようになったのですが、ついにその日は来ずに、大規模なドーピング捜査の「オペラシオン・プエルト」のよるウルリッヒの血液ドーピング発覚と現役引退。それは充分、ぼくを自転車レースから離れさせる出来事でした。※

あの頃の本当の舞台裏が、秘密結社の内側が明かされるノンフィクション。思ってたよりも深刻なドーピング問題。ツールドフランスをこれからも見続けるためにも、読むべきだとは思います。とても読み易くてこんなことを言ってしまうのはどうかと思いますが、当然ながら小説よりもリアルでとても面白い。先が気になるノンフェクションでした。そしてちょうどタイラー・ハミルトンが活躍していた頃のロードレースが好きだったので知っている場面が出てきたり…嬉しくも悲しいような、今までの想いの分とても複雑な本でした。

※もちろん、今でも何となくネットの記事では追っています。
自転車 | 00:07 | comments(0)
Recommend
2017.05.21 しまなみ海道
Comments
Send a new comment
Comment