2014.03.19 Wednesday
UP Coffeeでカフェイン量を監視する
少し前にJawbone UPと連動する新しいiOSアプリがリリースされました。UP Cofeeというもの。コーヒー好きからすると気になる名前ですね!UP Coffeeは一日の摂取したカフェイン量を把握するためのアプリです。Jawbone UPが無くても使えるのですが、持っていればさらに睡眠との相互関係まで把握することが出来ます。



飲んだドリンク類を保存して行くことでカフェインの状況を把握するアプリ。コーヒー以外にもコーラやエナジードリンク類もありますが、アメリカの量が基準になっています。日本で使う場合はちょっと違いそうですね。ログにより現在のカフェイン量や推移予想、快適な睡眠レベルは何時頃からか?ということが計算され表示されます。あまり高機能とは言えませんが、十分かなと思います。

自分は平均的には、会社で朝はスタバのディスカバリーズ、昼食後にカプチーノ、夕方にドリップを飲んで、夕食時にお茶、家でシメのカプチーノ+エスプレッソ、という感じでカフェインを摂取しています。これぐらい飲んでしまうと、もうカフェイン量が収まらなくなり次の日に持ち越し→さらに増えるという悪循環だということが分かりました。ちょっと節制しないとダメかもしれません。

というのも、コーヒーをある一定以上の量を連続で飲んでしまうとお腹が痛くなって体調が悪くなってしまうのです。それがカフェイン由来なのか、コーヒーの油分が原因なのかがわかりません。なのでこういったアプリで様子を見るのも一つの手だと思っています。しばらく楽しみつつ自分の許容量を探ってみようかと思っています。

コーヒーがめちゃくちゃ好きなのに、量は飲めない。難儀な体です…;;

ウェブサイト:UP Coffee by Jawbone | Understand How Coffee Affects Your Sleep
Nokia+iPhone+Mobile | 23:39 | comments(0)
Recommend
Comments
Send a new comment
Comment